白髪染めをためらうことなく

トリートメントタイプの白髪染めの最大のメリットは、
ヘアカラータイプやヘアマニキュアタイプよりも美髪成分が豊富に含まれているため、
髪が傷まないということであり、ダメージや刺激を心配することなく、
白髪染めをためらうことなくどんどんできるということです。

今は商品の種類も増えて、色も増えましたし、
ヘッドスパ効果があるものなどさまざまな機能が加わった高性能な商品や
逆に価格の安さをウリにするものなどさまざまな商品が発売されて、
白髪染めの方法として完全に陰毛白髪染め主流になっています。
そんなトリートメントタイプの白髪染めにはもちろんデメリットも存在します。

一番多い苦情やクレームは、染まらないといったことです。
なかには美容室の染料と反応してしまって髪が緑色に染まってしまったというトラブルもあるようです。
染まらないということについては、ヘアカラータイプのように
髪の内部に色をいれて染色するわけではないので、色の入り方が弱いのはある意味仕方ありません。

あくまで髪と頭皮にやさしいというのが特徴であってしっかり髪に色をいれたいというのであれば、
トリートメントタイプの白髪染めは使うべきではないというのが現実です。
また、染まりの悪さと関係してきますが、短時間放置しているだけで
綺麗に染まるというのが実際は無理だということがあります。色が入らないというのはちょっと問題ですよね。

トリートメントタイプでしっかり染めようと思ったらそれこそ手袋、
ヘアキャップ、ドライヤーで温めるなど市販の白髪染めと同じような労力がかかるのが現実です。
手軽に染められるというのは間違いと思っておいたほうがいいです。